医学部 医学科 分子生物学講座
教授
キタガワ マサトシ
北川 雅敏

更新日: 2024/05/17
教員基本情報
その他の所属・職名
[1]. 国立大学法人浜松医科大学 副学長 研究担当
経歴
1987年- 1997年 萬有製薬(株)つくば研究所 副主任研究員
1997年- 2000年 九州大学 生体防御医学研究所 助教授
2000年- 浜松医科大学 医学部生化学第一講座 現分子生物学講座 教授
学位
博士(薬学) 東京大学
研究分野
ライフサイエンス - 腫瘍生物学
ライフサイエンス - 分子生物学
ライフサイエンス - 機能生物化学
ライフサイエンス - 細胞生物学
ライフサイエンス - 医化学
研究テーマ
[1]. 細胞運命決定機構の研究、ユビキチンシステムの研究、長鎖ノンコーディングRNAの研究、エピゲノム研究、細胞周期制御機構の研究、癌抑制遺伝子産物の機能と制御機構の研究
研究活動
論文
[1]. Expression of Tumor Suppressor FHIT Is Regulated by the LINC00173-SNAIL Axis in Human Lung Adenocarcinoma.
International journal of molecular sciences [巻]24 [号]23 [頁]17011 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[2]. CCIVR2 facilitates comprehensive identification of both overlapping and non-overlapping antisense transcripts within specified regions.
Scientific reports [巻]13 [号]1 [頁]14807 -14807 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[3]. p130RB2 positively contributes to ATR activation in response to replication stress via the RPA32-ETAA1 axis
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research Elsevier BV [巻]1870 [号]6 [頁]119484 -119484 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[4]. APOBEC3B expression is promoted by lincNMR collaborating with TGF-β-Smad pathway.
Carcinogenesis (2022年) [査読] 有 [DOI]
[5]. Chromatin-remodeling factor BAZ1A/ACF1 targets UV damage sites in an MLL1-dependent manner to facilitate nucleotide excision repair.
Biochimica et biophysica acta. Molecular cell research [巻]1869 [号]11 [頁]119332 (2022年) [査読] 有 [DOI]
研究発表
[1]. 2019年10月16日 Long noncoding RNA ELIT-1 act as a Smad3 cofactor to promotes TGFbeta-Smad signaling and epithelial-mesenchymal transition EMBO Workshop The Non-Coding Genome
[2]. 2019年9月28日 A novel lncRNA ELIT-1 promotes Snail induction and EMT via TGFb signaling 第78回日本癌学会学術総会
[3]. 2019年9月18日 TGF βによって誘導され、TGF β-Smadシグナリングの正の制御因子として機能する新規lncRNA ELIT-1 第92回日本生化学会大会
[4]. 2019年7月19日 Smad3の標的遺伝子へのリクルーターとして機能する新規lncRNA ELIT-1 第21回日本RNA学会年会
[5]. 2018年10月14日 SCF-Skp2 E3 ligase is involved in progression of lung fibrosis and is a potential molecular target for IPF therapy BIT's 10th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology
所属学協会
[1]. 日本細胞生物学会
[2]. 日本分子生物学会
[3]. 日本癌学会
[4]. 日本生化学会
[5]. 日本RNA学会
委員歴
[1]. 2001年4月1日- 日本生化学会 評議委員
教育活動
担当授業科目
[1]. 生化学
[2]. 光医工学共同専攻「生体構造・機能解析」
[3]. 先端基礎医学特論
[4]. 分子基礎医学I
[5]. 分子基礎医学