医学部 寄附講座 周術期等生活機能支援学講座
特任准教授
ヒラマツ ヨシヒロ
平松 良浩

更新日: 2024/05/19
教員基本情報
経歴
2007年4月- 藤田保健衛生大学 医学部 助教
2010年4月- 浜松医科大学 医学部 医員
2010年9月- 浜松医科大学 医学部 診療助教
2012年2月- 浜松医科大学 医学部 助教
2018年4月- 浜松医科大学 現職
学位
医学博士 浜松医科大学
研究テーマ
[1]. 術中ナビゲーションシステムの開発
研究活動
論文
[1]. Clinical impact of diarrhea during enteral feeding after esophagectomy.
International journal of clinical oncology [巻]29 [号]1 [頁]36 -46 (2024年) [査読] 有 [DOI]
[2]. The cholinesterase and C-reactive protein score is a potential predictor of pseudoaneurysm formation after pancreaticoduodenectomy in patients with soft pancreas.
BMC surgery [巻]23 [号]1 [頁]344 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[3]. Prediction of postoperative complications after hepatectomy with dynamic monitoring of central venous oxygen saturation.
BMC surgery [巻]23 [号]1 [頁]343 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[4]. Prognostic impact of perioperative change in serum p53 antibody titers in esophageal squamous cell carcinoma.
Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society [巻]20 [号]4 [頁]669 -678 (2023年) [査読] 有 [DOI]
[5]. 【上部消化管良性疾患に対する低侵襲治療戦略】食道アカラシアに対する腹腔鏡手術の現況
手術 金原出版(株) [巻]77 [号]9 [頁]1333 -1338 (2023年) [査読] 無 [DOI]
著書
[1]. 2023年3月15日 ロボット支援食道切除術 上縦隔郭清
[2]. 2020年 胃 腹腔鏡下胃切除術:膵上縁郭清時の出血に対する対処法 医学書院
[3]. 2019年4月 食道胃接合部癌に対する内視鏡外科手術 メジカルビュー社
[4]. 2019年 上部消化管領域におけるロボット支援手術 バリューメディカル
[5]. 2019年 肥満症や糖尿病に対する肥満減量代謝外科手術 バリューメディカル
研究発表
[1]. 2023年2月 LECS・EFTRの現状と将来 胃腫瘍に対する腹腔鏡内視鏡合同手術式の最適化と適応拡大 日本胃癌学会総会記事
[2]. 2023年2月 切除不能進行再発胃癌、食道胃接合部癌に対する化学療法の最適化 日本胃癌学会総会記事
[3]. 2023年2月 切除不能幽門狭窄胃癌に対する胃空腸バイパス術症例と消化管ステント症例の臨床的特徴 日本胃癌学会総会記事
[4]. 2023年2月 超高齢者胃癌に対する至適治療法 日本胃癌学会総会記事
[5]. 2023年2月 胃腺癌における免疫チェックポイント阻害剤の治療効果予測因子 日本胃癌学会総会記事
受賞
[1]. 2018年 第136回遠江医学会学術奨励賞
[2]. 2017年 第30回日本内視鏡外科学会 優秀演題賞
[3]. 2015年 第23回日本消化器関連学会週間(JDDW2015TOKYO)優秀演題賞
所属学協会
[1]. 日本外科学会
[2]. 日本消化器外科学会
[3]. 日本内視鏡外科学会
[4]. 日本消化器病学会
[5]. 日本消化器内視鏡学会
教育活動
担当授業科目
[1]. 光医学の基礎と臨床応用
[2]. 光医学の基礎と臨床応用
[3]. 消化器内科・外科
[4]. フィジカルアセスメント
[5]. 光医学の基礎と臨床応用