医学部附属病院 中央診療施設(診療部門) 薬剤部
特任准教授
ミノ ヤスアキ
見野 靖晃
更新日: 2024/06/14
教員基本情報
プロフィール
病院薬剤部の特任准教授・副薬剤部長として、薬剤師業務を行いながら、医療薬学に関する臨床研究および薬学教育に取り組んでいます。
経歴
2010年4月1日- 2014年3月31日 浜松医科大学 医学部附属病院 薬剤部 薬剤師
2014年4月1日- 2021年7月31日 浜松医科大学 医学部附属病院 薬剤部 薬剤主任
2021年8月1日- 2021年9月30日 浜松医科大学 医学部附属病院 薬剤部 副薬剤部長
2021年10月1日- 浜松医科大学 医学部附属病院 薬剤部 特任准教授・副薬剤部長
学歴
2005年3月31日 卒業 静岡県立大学 薬学部 薬学科
2007年3月31日 修了 静岡県立大学 薬学研究科 医療薬学専攻
2010年3月31日 修了 静岡県立大学 薬学研究科 医療薬学専攻
学位
博士(医療薬学) (医療薬学) 静岡県立大学
免許・資格
[1]. 2005年5月31日 薬剤師
[2]. 2006年12月20日 甲種危険物取扱者
[3]. 2008年5月1日 臨床検査技師
[4]. 2010年2月1日 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師
[5]. 2010年9月23日 日本臨床化学会認定臨床化学者
[6]. 2011年1月1日 日本臨床薬理学会認定薬剤師
[7]. 2013年1月1日 日本医療薬学会認定薬剤師(現 医療薬学専門薬剤師)
[8]. 2015年7月1日 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定
[9]. 2015年12月12日 日本病院薬剤師会日病薬認定指導薬剤師
[10]. 2016年1月1日 日本臨床薬理学会指導薬剤師
[11]. 2016年1月1日 日本医療薬学会指導薬剤師(現 医療薬学指導薬剤師)
[12]. 2018年2月1日 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師(現 薬学教育協議会認定実務実習指導薬剤師)
研究分野
ライフサイエンス - 医療薬学
研究キーワード
薬物動態学
臨床薬理学
免疫抑制薬
治療薬物モニタリング
競争的資金等の研究課題
[1]. 2020年4月1日- 2023年3月31日 PK-PD解析に基づく自己免疫疾患に対する低分子分子標的薬の投与設計法の確立
[2]. 2015年4月1日- 2018年3月31日 高尿酸血症患者における薬力学的指標に基づくフェブキソスタット投与設計法の確立
[3]. 2015年4月1日- 2018年3月31日 尿酸生成酵素阻害薬の至適投与設計法の確立
[4]. 2013年12月- 2013年12月 Medication errors in prescription, dispensing, and administration of medicines to the child patients in Hamamatsu University Hospital
[5]. 2013年4月1日- 2015年3月31日 高尿酸血症患者におけるキサンチンオキシダーゼ活性に基づく新規尿酸管理法の構築
[6]. 2011年11月1日- 2013年10月31日 全身性エリテマトーデス患者における代謝拮抗性免疫抑制薬のイノシン一リン酸脱水素酵素活性に基づく薬効評価
[7]. 2008年8月1日- 2009年7月31日 薬力学的指標に基づく代謝拮抗薬の体内動態と免疫抑制作用・有害反応との関係解明
研究活動
論文
[1]. 術後患者におけるデクスメデトミジンの睡眠の質改善効果の個体間変動要因の検証
日本臨床薬理学会学術総会抄録集 日本臨床薬理学会 [巻]44 [頁]1-C-O01-4 -1-C-O01-4 (2024年) [査読] 無 [DOI]
[2]. 抗真菌薬のTDM研究
TDM研究 日本TDM学会 [巻]40 [号]2 [頁]102 -102 (2023年) [査読] 無
[3]. 薬剤部特任准教授に就任して
浜松医科大学医学部附属病院広報誌 はんだ山の風 浜松医科大学医学部附属病院広報推進委員会 [号]49 [頁]3 -3 (2022年) [査読] 無
[4]. Investigation of the boxed warnings in package inserts of prescription medicines for medical professionals in Japan
Pharmacy practice [巻]20 [号]4 [頁]2733 (2022年) [査読] 有 [DOI]
[5]. 胸腺癌に対しレンバチニブ服用後に心不全を発症した1症例:レンバチニブとIL-6の血中濃度からの考察
日本医療薬学会年会講演要旨集 日本医療薬学会 [巻]32 [頁]1143 -1143 (2022年) [査読] 無 [DOI]
著書
[1]. 2023年5月1日 調剤と情報 2023年5月号(Vol.29 No.6) じほう
[2]. 2022年11月10日 よくわかる! 浜松医科大学医学部附属病院 最新医療のいま 南々社
[3]. 2022年8月25日 JOHNS 38巻9号2022年9月増大号 薬にまつわる疑問に答える 東京医学社
[4]. 2022年6月28日 いまさら訊けない! 透析患者薬剤の考えかた,使いかた Q&A Ver.3 中外医学社
[5]. 2019年8月5日 医療現場のための薬物相互作用リテラシー 南山堂
研究発表
[1]. 2023年12月14日 術後患者におけるデクスメデトミジンの睡眠の質改善効果の個体間変動要因の検証 第44回日本臨床薬理学会学術総会
[2]. 2023年11月4日 胸腺癌に対しレンバチニブ服用後にANCA関連血管炎を発症した1症例:レンバチニブとIL-6の血中濃度からの考察 第33回日本医療薬学会年会
[3]. 2023年11月3日 抗がん薬調製ロボットを用いたdrug vial optimization導入とその評価 第33回日本医療薬学会年会
[4]. 2023年6月25日 抗真菌薬のTDM研究 第39回日本TDM学会・学術大会
[5]. 2022年9月23日 心不全患者におけるトルバプタン光学異性体の体内動態に及ぼすCYP3A5の影響とアミオダロンの立体選択的相互作用 第32回日本医療薬学会年会
受賞
[1]. 2019年11月3日 第29回日本医療薬学会年会 優秀演題賞
[2]. 2015年5月23日 「国際TDM会議」派遣賞(海老原賞)
[3]. 2014年11月11日 第7回臨床薬理研究振興財団研究大賞
[4]. 2014年7月5日 平成26年度学術奨励賞
[5]. 2014年3月7日 第12回浜松医科学シンポジウム 優秀研究賞
所属学協会
[1]. 2022年1月20日- 国際治療薬物モニタリングおよび臨床毒物学会
[2]. 2011年6月14日- American Society of Health-System Pharmacists
[3]. 2010年4月1日- 日本病院薬剤師会
[4]. 2008年5月21日- 日本臨床化学会
[5]. 2007年8月29日- 日本臨床薬理学会
委員歴
[1]. 2023年3月19日- 2025年3月31日 日本医療薬学会 代議員
[2]. 2023年2月1日- 2025年1月31日 日本薬学会 代議員
[3]. 2022年12月1日- 日本臨床薬理学会 社員
[4]. 2022年4月1日- 静岡県病院薬剤師会 評議員
[5]. 2020年8月1日- 2024年6月30日 日本TDM学会 評議員
教育活動
担当授業科目
[1]. 先端医学特論II
[2]. 薬剤学セミナーB
[3]. 薬剤学実習
[4]. 先端医学特論Ⅱ